» 宅建の試験にパスするための過去問選び

宅建の教材の中で、テキストと匹敵する立場にあるのが、過去問題集です。過去問がないと、宅建の勉強は実践的に進行しなくなってしまうと思ってください。

宅建を初めて受ける人は知らなくても不思議ではないのですが、過去問はいろいろな場所で入手できます。しかし数が増えれば、格差ができるのが世の法則。どんな過去問でもいいわけではないことは、最初に理解しないといけません。

ならば、宅建の合格を近づけてくれる過去問の条件とは? 

数年分の試験問題を、実用的に編集してある

やたらに多ければいいということもありませんが、1年や2年分では、到底宅建の合格は望めません。何十年分もある必要はないですが、5~10年は、できたらほしいでしょう。年ごとに、または科目ごとに分類してあって、すぐに見たいところを探し当てられるようにつくってあることも大切です。
また、問題と解説を参照しやすいことも大事でしょう(必要になるまで、解説が見えないような工夫も大事ですが)

解説の内容が濃い

解説を読んで、理解が深まるようにできていないと、過去問題集の存在理由はおそらくゼロになってしまうでしょう。特に選択問題については、すべての選択肢に対する解説が掲載されていることがベストではないでしょうか。

おおよその解答時間を知ることができる

1問1問に長時間を使っていたら、おそらく試験問題は半分も解けずに終わってしまいます。つまり、どの問題もさっさと解かないと合格は絶対にできません。さっさと解けるようになるには、普段から最小限の時間で解けるように、各問題に対して模範的な解答時間が書いてあるほうがいいのです。

次のページ